膝の黒ずみをとる方法をまるごと解説

膝の黒ずみをとる方法をまるごと解説

 

膝の黒ずみをとる方法を探している人に、効果的な方法をお伝えします。

 

高校生の娘が試した対策が、保育士さんやお母さんなどよく膝をつく女性達のお悩み解消に役立ったら幸いです。

 

ここでは膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリームについてその有効性や使っての使用感をご紹介するほか、塩・重曹によるピーリングおよび保湿ケアもお伝えしています。

 

 

 

膝の黒ずみで悩む女性は意外と多い

 

膝の黒ずみが気になっている女性は意外と多く、「恥ずかしくてスカートも履けない…どうにかしたい。」と思いながら効果的な対策を探しているものです。

 

部活をしていたころの娘

私の娘も部活で膝をこすることが多く、黒ずみが目立ちはじめて私が気になってしまいました。

 

やれることはやってあげたいという思いで調べていろいろ試した結果、今では高校生の時に制服以外はほとんど履かなかったスカートをよく履くようになっています。

 

私がしてあげた膝のケアについて娘からはありがとうの一言も聞いていませんが(^_^;)、黒ずみがとれたら、母親としては満足しています。

 

 

膝の黒ずみをとる方法を解説

 

このページでは、私達がどのように膝のケアを実践して行ったのかを解説して行きます。

 

黒ずみが恥ずかしくてスカートを履けない女性は多いと思うので、少しでも参考になったら幸いです。

 

 

 

膝の黒ずみをとる方法: 4つの要因

  1. 生活習慣
  2. 色素沈着
  3. 角質ケア(塩と重曹)
  4. 保湿

 

 

効果的な方法として挙げられるのはこの4つになります。

 

膝の黒ずみをとる方法が「お顏のシミ取りと同じ」と思うかもしれません。

 

しかし膝の角質は「膝 を つくほどぶ厚くなる性質」があり、膝ならではの原因があって色素沈着が悪化していきます。

 

ですので膝の特長を理解した上で黒ずみをとる方法を選ぶことが大切なんですね。

 

以下より上に挙げた4つの要因について個別に解説して行きます。

 

 

①生活習慣

 

職業柄膝をつくことが多い保育士などのご職業の方は、お仕事といっても生活の一部だと思います。

 

また小さなお子さんを持つお母さんは、お着替えの時にお子さんの目線になる必要が多いですよね。

 

膝をつくことが多いという生活習慣は、以下のように色素沈着をつくる要因となります。

 

皮膚の伸縮で凹みができる

  • 膝 をついて皮膚が刺激される※詳細は後述
  • 「膝 をつく、そしてまた立ち上がる」といった動作を繰り返すことで皮膚が伸び縮みすることになり、凹みが形成されて影になって見えやすい

 

 

 

しかしお仕事や必要があって膝をつくのですから、私の娘のようにその生活の一部を改善することはそんなに簡単にできないはずです。

 

左下の画像のように膝をつくのは子育てする母親として当たり前のようにあることですし、右下のように済むケースはそんなにないのではないかと思います。

 

子育ての母親

 

このページでは、「必要があって膝をついて黒ずみができる」ということを認めた上で、その改善方法を考えていきます。

 

生活習慣というハードルを超えて、後からどれだけ対策できるのかということです。

 

 

②色素沈着

 

膝の黒ずみができる背景には以下のように紫外線と炎症、そして刺激といった3つの色素沈着にまつわる要因があります。

 

 

紫外線と炎症

 

紫外線や炎症については、以下のとおり「膝全体が黒ずんでみえることの原因にはなりにくい」です。

 

虫刺されの跡

  • 紫外線による色素沈着はせいぜい半径数センチのシミであることがほとんど
  • 虫刺され、または傷は膝の一部分が炎症をともなって特定の部位が黒ずんで見える

※画像は虫刺されの跡

 

 

おそらくお悩み女性は、数センチの色素沈着というよりは「膝全体に広がる黒ずみ」が気になっていると思います。

 

大半のお悩みは「刺激による色素沈着」が原因になりますから、これに対して行う膝の黒ずみをとる方法を解説します。

 

 

刺激による色素沈着

 

膝の刺激でできる黒ずみは以下のようなパターンが挙げられるでしょう。

 

  • よく床に膝をつく
  • ナイロン製のボディウオッシュでごしごし洗っている
  • 膝を締め付けるようなパンツをよく履く

 

これらは「膝の刺激自体がメラニン色素をつくる要因」となっており、摩擦黒皮症と呼ばれています。

 

下記の図の過程のとおり膝が繰り返し受ける刺激によってメラノサイトを活性化させ、結果メラニンが生まれて黒ずんでいきます。

 

 

↓膝の刺激でケラチノサイトが刺激される↓>

ケラチノサイトの刺激

 

↓ケラチノサイトからプラスミンが発生、メラノサイトを活性化させる↓

プラスミンによるメラニンの活性化

 

↓メラニンの生成が促される↓>

メラニンの生成

 

↓膝の皮膚表面に黒ずみが目立ち始める↓

メラニンの発生

 

 

 

また膝の黒ずみは以下のように少々厄介な事情があります。

 

  • 膝の刺激自体が角質の厚みを増すように働く(刺激に負けないように皮膚が厚くなる)
  • 顏のシミと異なり膝の色素沈着は皮膚表面にとどまらず真皮層近く(皮膚の奥)までに及ぶことが多い

 

膝ゆえの黒ずみの事情とは上の2点が背景となり、なかなか黒ずみをとることができないことを言うのですね。

 

角質が厚く、そして色素がお肌の奥まで沈着しているのですから、何気なく膝の黒ずみをとる方法を試しても、焼け石に水。

 

そもそも「角質を保湿・柔らかくして、有効成分がお肌の奥まで到達するアプローチ」でないと無理な話だったんです。

 

美白成分の浸透性

 

私達もはじめは焼け石に水のような事をよくやっていました(^_^;)

 

誰もがナイロン製のボディウオッシュを「膝にやさしい木綿製」に変えることくらいはできるでしょう。

 

しかし膝をつくのは必要があってすることが多いのですから、このハードルを超える膝の黒ずみをとる方法を探す必要があります。

 

私がこれからご紹介する膝の黒ずみをとる方法とは、今あるメラニン(黒ずみ)を排出していくことでを忘れるくらいにすることにほかなりません。

 

 

結局膝の刺激でできる黒ずみをとる方法を探すしかない

 

「刺激で角質がぶ厚くなる」、「真皮層近くまで及ぶ色素沈着」という厄介な状態に対し、効果的な膝の黒ずみをとる方法を選択することが大切。

 

有効な対策は、角質を保湿・柔らかくした上で、黒ずみを消す有効成分をお肌の奥まで浸透させるスキンケアを続けることです。

 

かなり手こずった経験から、この基本的な膝の黒ずみの原因を度返ししたケアは、あまり効果がないと思いました。

 

これにより「硬い膝の皮膚の奥に沈着した黒ずみを、効果が実証されている保湿・美白成分でとる方法」を選択することがおすすめです。

 

この方法には2つあります。

 

美白成分の浸透性

  • 美容皮膚科>による美白用の塗り薬
  • 医薬部外品指定の美白成分が配合されている膝専用化粧品(クリームまたはジェル)

 

皮膚科で処方される美白の薬と言えばハイドロキノンがありますが、たった5gでおよそ2000円、そして黒ずみの解消を実感できるまで3ヶ月は必要と言います。

 

この容量だったらあっという間に無くなってしまいそうだったので、私は病院の処方薬に並ぶ効果が得られる医薬部外品指定の美白成分が配合された膝専用化粧品を選んだんですね。

 

以下が、娘が膝の黒ずみをとる方法として試した「膝の黒ずみをとるためのクリームやジェル」です。

 

シミとり用の化粧品にもいろいろとありますが、私たちが使って効果があったクリームやジェルをランキング形式でご紹介します。

 

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめの医薬部外品クリーム&ジェル ランキング

 

今は最大大手の化粧品会社以外でも、極めて優れた黒ずみ用クリームやジェルが市販されています。

 

効果的対策として「有効な医薬部外品指定成分または美白成分を配合しているか」といった点に重きを置いて選ぶのがポイントです。

 

効果的な膝の黒ずみをとる方法として医薬部外品のクリームやジェルを以下のとおりランキング形式でご紹介します。

 

 

ラスター
最安値価格 4740 円
シミウス(同立)
最安値価格3795円
ピューレパール
最安値価格4750円

 

※税別、いずれの価格も定期コース価格適用

 

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム1位 ラスター(Lus ter)

 

ラスター

 

ラスターはアパレル会社の女性オーナーが開発に関わった「膝の黒ずみ専用のクリーム」です。

 

次が1位にラスターを挙げた理由になります。

 

 

ラスターをおすすめする理由

ラスター

  • 「医薬部外品指定成分トラネキサム酸」をはじめとした5種の美白成分を配合
  • 最強の保湿成分セラミドを配合

 

 

以下膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム1位をラスターにした理由について簡潔に個別解説して行きます。

 

 

ラスターの効果①メラニン生成を3つの角度からブロック

 

医薬部外品指定成分トラネキサム酸は安全が確立された美白成分です。

 

下の図のとおりメラニンがつくられる前の段階で、「メラニン(黒ずみ)をつくれ」と指令するプラスミンの働きをブロックし、美白効果を発揮します。

 

プラスミン

 

そして「メラニンをつくらなくていい」と指令を送るのがアルピニアカマツダイ種子エキス。

 

膝が刺激されて「メラニンをつくれ」と指令されても、それを上回る「メラニンをつくらなくていい」という指令があれば黒ずみは解消に向かいますので、この成分を活用することは膝の黒ずみをとる方法として効果的です。

 

また、漢方薬として古くから活用されてきた党参(とうじん)と油溶性甘草エキスは、メラニン合成に関わるチロシナーゼの働きを阻害することで美白効果を発揮

 

チロシナーゼ

 

ナノ化された油溶性甘草エキスは皮膚に通り道をつくり、その他の美白成分をひきつれて浸透性を高めます(美白ブースター)。

 

 

ラスターのイチオシポイント

美白成分の浸透性を高める美白ブースターナノ化油溶性甘草エキス配合

 

 

また党参(とうじん)エキスは医薬部外品に限って使用が許される効果が高い美白成分です。

 

最後に甘草エキスから抽出される成分グリチルレチン酸ステアリルは、黒ずみで色素沈着した膝を強力に酸化から守り、美白効果を高める効果があるんですよ。

 

ラスターの効果②乾燥・硬化する膝の角質をやわらかく

 

刺激で硬くぶ厚くなった膝の角質を乾燥から守るために、ラスターには最強の保湿成分セラミドが配合されています。

 

色素細胞を浮き上がらせて表皮から剥離させること(ターンオーバー)も膝の黒ずみをとる方法として効果的なのですが、これは皮膚が十分に保湿されていることが必須。
※詳細は後述

 

保湿することで膝の皮膚がやわらかくなるだけでなく、肌の代謝と再生力が高まります。

 

 

以上膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム1位:ラスターの効果について解説しました。

 

美白成分が5種類入っているラスターは、頑固な黒ずみ対策として有効だと思います。

 

 

ラスターを使ってみての口コミ

 

娘の対策で効果を実感するまでには4ヶ月かかりましたが、一番効果的だったのがラスターでした。

 

1回の使用量は両膝パール一粒大程度ですからラスター1本で1ヶ月まるまる使えるんですね。

 

ラスター公式サイトにもあるように使用から3ヶ月で効果を実感する人が多いようです。

 

効果実感

 

黒ずみから話がそれますが何と言ってもジャスミンの香りがするラスターが好きです。

 

化粧品はほのかな香りも気分をよくしれくれますよね^^

 

 

膝の黒ずみをとる方法としてラスターを活用するメリット

 

ラスターを活用するメリットは以下の2点になります。

 

 

ラスターを活用するメリット

  • ナノ化された美白ブースター成分油溶甘草エキス>とともに5種類の美白成分で効果的に黒ずみをとることができる
  • 最強の保湿成分セラミドで硬くなった角質を保湿・柔らかくする

 

最後に以下、おすすめのクリーム1位ラスターの価格情報です。

 

 

1位:ラスターの価格とサポート情報

 

 

ラスターのを購入する前に知っておきたいこと

 

販売会社株式会社flower cafe hanna

 

内容量 60ml (朝夕に塗布しておよそ1ヶ月分)

 

定期価格:4740円(税抜)
※4回のお届けが前提だが継続不可能でもペナルティ無し

 

単品価格:6800円(税抜)

 

返金制度適用期間:30日※お肌に合わない場合

 

送料無料

 

 

 

膝の黒ずみは頑固ですから、娘のようにある程度時間をかけないと解消できた実感は湧かないかもしれません。

 

個人差はあると思いますが「簡単にとれる」だなんて言って期待はずれにさせることもできないですし、長年の生活習慣で蓄積した結果ですからすぐに改善する方がおかしいでんすよね。

 

 

ラスターの定期コースは4回目までのお届けが前提一定期間使い続けることで効果を実感をできるように割安な定期コース価格4750円が設定されているようです(flower cafe hannaサポートセンターによる)。

 

ただ、4回までの継続が難しくなった場合にペナルティはないということなので、私の場合は安心して定期コースにしたんですね。

 

膝の黒ずみ対策で効果を実感できるまでにかかる費用は、4750円×4ヶ月=19000円ということになり、あとは費用対効果は考え方次第になります。

 

今まで悩んできた膝の黒ずみの悩みが19000円で解消されるならば、膝の黒ずみをとる方法として妥当な投資と言えるのではないかと思います。

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム1位:ラスターで対策したい場合の詳細・お申込み公式サイトはこちら。

 

下記からのお申し込みが、最安値の定期価格をご案内できるラスター公式インターネットサイトになります。

 

 

ラスターお申込みサイトへ

 

以上が膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム1位としてご紹介したラスターでした。

 

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム同立1位 シミウス

 

シミウス

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム同立1位 シミウスは美容家・タレントさんのユーザーが多く、そして女性誌にかなり掲載されていますので、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

製薬会社による美白化粧品なので医学雑誌などにも研究結果が発表されており、名実ともに評価の高い美白ジェルクリームです。

 

医学雑誌

 

先にご紹介したラスターと同立1位の理由の一つは、「きれい定期便お試しコース」>なるもの。

 

この制度は以下のように一瞬目を疑ってしまうような顧客目線の内容です。

 

 

シミウスきれい定期便お試しコース内容

 

  • 20%オフ3795円で30日ごとにシミウスを定期的にお届け(送料無料)
  • いつやめても解約のペナルティ無し
  • マスクパックの特典付き

 

定期コース価格(3795円)を利用しながら、「いつやめてもいいですよ」と言い切っているところ…

 

しかもリピート購入率93%です。

 

商品に自信がないことには、このような手厚い定期便お試しコースはできないということでしょうか。

 

 

お得な制度を先にご紹介してしまいましたが(^_^;)、次が膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム同立1位 にシミウスを挙げた理由です。 

 

 

シミウスをおすすめする理由

  • 医薬部外品指定成分プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムを配合
  • 1gで6リットルの水分を保持する保湿成分>ヒアルロン酸Naを配合

 

以下シミウスについて解説して行きます。

 

 

シミウスの効果①美白とターンオーバー

 

動物の胎盤からとれた栄養価の高い医薬部外品指定の美白成分プラセンタを活用することは膝の黒ずみをとる方法として有効です。

 

プラセンタ

 

プラセンタはメラニンを活性化するチロシナーゼの働きを阻害し、角層の奥に留まった色素細胞を押し出す作用(ターンオーバー)」があります。

 

プラセンタは黒ずみケアに必要な要素を1つで2役働くのですね。

 

 

シミウスは2層のジェルが美白成分を包みこんでいるので(ダブルクリスタル製法)美白成分がよくお肌になじむようにできています

 

高浸透美白成分

 

 

シミウスのイチオシチェックポイント

 

美白成分の浸透性と肌なじみが考慮されたダブルクリスタル処方

 

 

シミウスの効果②黒ずみの悪化を防ぐグリチルリチン酸ジカリウム

 

甘草の成分であるグリチルリチン酸2Kが活性酸素を除去、黒ずみができた細胞の変質を抑制するので、この成分を活用することは膝の黒ずみをとる方法として有効です。

 

そして先に挙げたプラセンタとグリチルリチン酸ジカリウムの相性の良さや成分のセレクトは極めて評価すべき点なんですね。

 

 

シミウスの効果③保湿性

 

シミウスに配合されている保湿成分ヒアルロン酸Naは1gで6リットルもの水分を保持できる保湿成分です。

 

触った感じだとしっとりお肌を密着するように保湿しますが、油分のようにべとつきを感じることもありません

 

角質で多くの水分を保持しながら、さわり心地の良い保護膜をつくるので、膝だけでなくお顏のケアとしてシミウスを活用できます。

 

 

シミウスを使ってみての口コミ※シミとり画像あり

 

 

実際にシミウスで私がシミをとることに成功した画像をご覧ください。

 

シミをとる効果

 

左上の目尻横には炎症性のシミが残っていますが、4ヶ月シミウスを使い続けて右上のようにシミをとることに成功しました。

 

特別なことはしていなくて、ただ毎日スキンケアを続けただけなんですが、シミをとることができると嬉しいですね。

 

 

 

それから、シミウスは1つで10個の機能があるオールインワンジェルです。

 

1個10役

 

私ははじめに「10個まで増やしちゃうんだ、使い切れないよ(笑)」と思っていました。

 

しかし製薬会社の医薬部外品指定美白化粧品なので信頼がありますから、膝の黒ずみをとる方法として有効だと思って注文してみたんですね。

 

「安全性を保ちながら着実に美白効果を効かせていく」といったタイプの美白化粧品で、価格もランキング中一番お得に購入できる良さがあります。

 

ちなみに下は「シミウスによるお手入れがあるかどうか」でこれだけ差が出る、と公式サイトで掲載されている画像です。右側の女性もシミがないですね。

 

53歳の女性のシミ比べ

 

シミウスは膝を始め体全体の美白化粧品として使用できますが、特にかさかさした乾燥が強い肌質の方にいいと思います。

 

 

膝の黒ずみをとる方法としてシミウスを活用するメリット

 

膝の黒ずみをとる方法としてシミウスを活用するメリットは以下の2点になります。

 

 

シミウスを活用するメリット

  • 肌なじみと浸透性が考慮されたダブルクリスタル処方で美白成分が効果を発揮しやすい
  • 保湿性の高いヒアルロン酸Naが硬い膝の角質を保湿・柔らかくする

 

 

最後に、以下膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム同立1位のシミウスの価格情報です。

 

 

シミウスの価格とサポート情報

 

 

シミウスを購入する前に知っておきたいこと

 

販売会社 株式会社メビウス製薬

 

定期価格:3795円(税抜) 
※解約におけるペナルティ無し

 

単品価格:4743円(税抜)

 

返金制度適用期間:30日※お肌に合わない場合

 

送料無料

 

 

前述シミウスきれい定期便お試しコースはいつやめてもOKというお得な制度。

 

これが同立1の理由だったりします(^.^)

 

 

シミウスで膝の黒ずみ対策をしたい場合の詳細・お申込み公式サイトはこちらです。

 

下記からのお申し込みが、最安値の定期価格をご案内できるシミウス公式インターネットサイトになります。

 

シミウスお申込みサイトへ

 

黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム3位 ピューレパール

 

ピューレパール

 

ピューレパールは、体にできる黒ずみに長い間愛用されてきたジェルです。

 

体の黒ずみのためのクリームとしてさきがけ的な存在なんですね。

 

以下の2点が膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム3位にピューレパールを挙げた理由になります。

 

 

ピューレパールをおすすめする理由

  • 医薬部外品指定成分プラセンタおよびグリチルリチン酸2Kを配合
  • 最強の保湿成分セラミドと、高保湿成分トリプルヒアルロン酸・トリプルコラーゲンを配合

 

ピューレパールは、おすすめのジェルクリーム同立1位で挙げたシミウスに配合されている「プラセンタおよびグリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)が同じように配合されています。

 

効果的な成分って誰が見てもいいということなんですよね(^_-)

 

同じ有効成分については、「同立1位のシミウス」に譲るとして、ピューレパールの有効性について以下の通り解説します。

 

 

ピューレパールの効果①高保湿

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム3位のピューレパールには最強の保湿成分セラミド、そして潤いを保持する効果が高いヒアルロン酸とコラーゲンがそれぞれ3種類配合されています

 

 

ピューレパールのイチオシチェックポイント
  • シミウスと全く同じ美白有効成分プラセンタエキスとグリチルリチン酸ジカリウムを配合
  • 下記の通り保湿性の高い成分を含む
  1. ラスターにも配合されている最強保湿成分セラミド>
  2. シミウスにも配合されているヒアルロン酸※シミウスは3種のヒアルロン酸
  3. 3種のコラーゲンを配合

 

ピューレパールの公式サイトでは「エステ級のジェル」とあり、保湿成分が贅沢配合されているために膝はもちろん脇をはじめとした全身の黒ずみに有効です。

 

ピューレパールは美白とターンオーバー作用を持ち合わせたプラセンタと、高保湿成分が相まっており、膝の黒ずみをとる方法として活用することをおすすめできます

 

 

ピューレパールを使ってみての感想を口コミ

 

娘は1位のラスターを使っていましたが、私はピューレパールを気になる部分にたっぷり使っていました。

 

6ヶ月間使って脇の黒ずみにも効果が感じられているので、膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム3位に挙げました。

 

ピューレパールのユーザーさんも親子兼用でお使いの方が多いようで、意識が高いお母様を持つ娘さんの特権みたいなものですよね。

 

ピューレパール

 

※私はただの過保護(-_-;)

 

最後に以下膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム3位ピューレパールの価格情報をお伝えします。

 

 

ピューレパールの価格とサポート情報

 

 

ピューレパールを購入する前に知っておきたいこと

 

販売会社 株式会社ハーバーリンクスジャパン

 

定期コース価格:4750円(税抜) ※3回のお届けが前提

 

単品価格:7600円

 

返金制度適用期間:25日※お肌に合わない場合

 

送料無料

 

 

ピューレパールの単品購入価格は位のラスターより高いものの、定期コース価格にすると3450円割引が適用されます。

 

つまり定期で購入を検討する限りラスターとほぼ同じ価格になるんですね。(価格設定が似てます(笑))

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのジェルクリーム3位でご紹介したピューレパールで対策したい場合の詳細・お申込みページはこちら。

 

下記からのお申し込みが、最安値の定期価格をご案内できピューレパル公式インターネットサイトになります

 

ピューレパール

 

 

以上膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム3位でご紹介したピューレパールでした。

 

 

4つの要因③角質ケア(塩・重曹)

 

先ほどご紹介したメラニンを消していくスキンケアのほか、プラスαで行うと効果的な角質ケアを2つご紹介します。

 

塩による角質ケア

 

塩には古く劣化したタンパク質を溶かす作用があるために、硬くなってしまった膝の角質を剥がすために効果的なケアアイテムになります。

 

誤解が起きる前にお伝えしますが、塩をスクラブ剤として使い、膝をゴシゴシするわけではありません。

 

以下のとおり膝の黒ずみをとる方法としては塩による角質ケアのやり方をおすすめします。

 

 

 

塩によるピーリング

塩による膝の黒ずみをとる方法:角質ケアのやり方

  1. 入浴するなど肌をお湯であたためる
  2. 塩を膝に乗せて5分間放置
  3. お湯で洗い流して水気をふきとる
  4. 仕上げに膝の黒ずみをとるクリームを塗布

スクラブ剤のようにして肌を刺激しない

 

 

とても簡単ですが試す価値はありますよ。

 

我が家では親子で週に一度程度行っていました。

 

 

塩による角質ケアでもうひとつ応用編です。

 

 

オリーブオイル

塩オリーブオイルによる膝の黒ずみをとる方法:角質ケアのやり方

  1. オリーブオイルに塩を入れて塩オリーブオイルをつくる
  2. 膝に乗せて5分放置>
  3. せっけんを泡立てて洗い流し、水気を拭きとる
  4. 仕上げに膝の黒ずみをとるクリームを塗布

※スクラブ剤のようにして肌を刺激しない

 

塩が皮膚の7割を占めるタンパク質を溶解、そしてオリーブオイルの成分が皮膚の3割を占める脂肪酸に似ているために、角質ケアにソルトオリーブオイルを用いることが効果的なんですよ。

 

上に挙げたいずれの角質ケアの後に、黒ずみをとるクリームを仕上げに塗布するのがいいでしょう。

 

 

重曹による角質ケア

 

重曹は食品として使われる安全な成分で、若干のピーリング効果があります。

 

以下が重曹による角質ケアのやり方です。

 

 

重曹ペースト

重曹による膝の黒ずみをとる方法:角質ケアのやり方

  1. 重曹にミネラルウオーターを入れて耳たぶくらいの硬さにする
  2. 黒ずみに乗せて10分放置
  3. 洗い流して水気を拭きとる
  4. 仕上げに膝の黒ずみをとるクリームを塗布

※重曹をお肌に乗せてマッサージするようなことはしない

 

 

重曹のピーリング効果は穏やかではありますが、こするようなことをすると余計に黒ずみを悪化させかねませんので、パック状にしたものを置くだけにしましょう

 

 

4つの要因④保湿ケア

 

膝から汗や皮脂が出ているのを目にしたことのある女性はおそらくほとんどいないでしょう。

 

もともと膝は汗腺も皮脂線も少ないために潤いも皮脂も限られ、いつもかさかさ乾燥している場所です。

 

膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリーム&ジェルをご紹介してきた際に、有効な保湿成分の有無がポイントだとお伝えしました。

 

最後に保湿ケアをもう一度おすすめする理由は、「保湿が前提となるターンオーバーが膝の黒ずみの解消に欠かせないため」です。

 

角層は保湿成分が正常に埋め尽くされることで正常な状態を保つことができますし、皮膚が正常な状態を保つことでターンオーバーもトラブルなく進んでいくのです。

 

また黒ずみに保湿が必要な理由は、美白有効成分が色素細胞に行き届くための場をつくるために欠かせないということもあります。

 

美白成分の浸透

 

上の図のとおり保湿成分が肌に十分満たされていることで美白成分が黒ずみの細胞に到達できるのです。

 

とはいっても、おすすめしたクリーム&ジェルを活用する限りは、保湿ケア対策は十分と言えます。

 

最後におすすめした膝の黒ずみをとるクリームやジェルをどのように使うのが効果的か、保湿を含めたケアをご紹介します。

 

 

膝の黒ずみをとるクリームをつかったスキンケア

 

どれもオールインワンタイプのクリームとジェルでしたので、膝の黒ずみのために保湿するには十分です。

 

 

私達が実践した膝ケアは以下のとおり。

 

 

膝の黒ずみをとるクリームやジェルの効果的な使い方

 

石鹸をよく泡立てて膝を洗う

 

泡立て

 

よく泡立てた弾力のある泡は、効果的に膝の角質を取り去ります。

 

ナイロン製のウオッシュタオルは、膝の黒ずみを悪化させるので控えるのがいいでしょう。

 

洗い上がり後は、タオルを膝に置くように水をふき取る。

 

タオルで膝をごしごしこすらない。

 

膝の黒ずみをとるクリームまたはジェルを気持ち多めに膝に塗布

 

気になる黒ずみの部分だけでなく、膝全体にクリームまたはジェルを塗布。

 

膝の黒ずみにクリームを塗布

 

※目安として書かれているクリームやジェルの量よりも、少し多めに使ってました。
膝の黒ずみを治すために惜しみなくクリームまたはジェル使うのがおすすめです。

 

膝のサポーターを付けて眠る

 

眠っている間に肌再生が進みますので、入浴後につけた膝の黒ずみクリームの保湿効果を最大限発揮させるために膝のサポーターを付けて眠るのもいいと思います。

 

娘の場合は部活で使用していたサポーターを付けていました。

 

サポーターがない場合は、包帯などで代用してもいいのではないでしょうか。

 

ただ血行の妨げになるようでは逆効果ですので、あまりきつく締め付けないようにしないように

 

 

 

いかがでしょうか?ご紹介したのはどれも簡単に実践できる膝の黒ずみケアです。

 

オールインワンタイプのクリームやジェルを使うよさは、膝の黒ずみケアが簡単に済むこと。

 

膝に化粧水と、乳液と、クリーム3つを塗布する必要はないということです☺

 

 

膝の黒ずみをとる方法 まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

以上膝の黒ずみをとる方法として効果的な方法をお伝えしました。

 

黒ずみをとることに成功

高校生の娘のトライアルに私も参加するような形で試した対策が、悩んでいた女性の助けになったら嬉しいです。

 

具体的な対策としては、膝の摩擦によりメラニン色素が増えているために、メラニン色素を還元する美白成分を使うことが大切

 

これにより膝の黒ずみをとる方法としておすすめのクリームをご紹介しました。

 

そして塩・重曹によるピーリングもプラスαで試してみてはいかがでしょうか?

 

上に挙げた対策が有効に活用できますよう祈っています。

 

 

 

 

 

≫TOPに戻る≪

 

 

おすすめ薬用クリーム&ジェルランキングへ戻る≪